Close

24 / 01 2019

2020年11月1日から電子手形を確立する必要があります

Decree 119/2018 / ND-CPによると、電子請求書の形式は、デジタル署名、販売者の電子署名、および署名を除き、紙の請求書とほとんど変わりません。番号、バイヤーの電子署名(ある場合)、税務署のコードを含む電子請求書の税務当局のコード…

どのような種類の電子請求書が含まれていますか?

Decree 119/2018 / ND-CPによると、電子請求書は、財務省が規定する次のように分類された標準データ形式に従う必要があります。

1.付加価値請求書は、商品の販売者に適用される請求書であり、控除法により付加価値税の申告を行うサービスを提供します。この場合の付加価値請求書には、税務当局との電子データ転送接続を備えたレジから生成された請求書が含まれます。

2.販売請求書は、商品の販売者に適用される請求書であり、直接法により付加価値税の申告を行うサービスを提供します。この場合の販売請求書には、税務当局との電子データ転送接続を備えたレジから生成された請求書が含まれます。

3.他の種類の請求書。電子切手、eチケット、電子カード、電子領収書、電子納品書、または他の名前で規定された内容の電子バウチャー。この政令の第6条で定義されています。 電子請求書の時間 1.商品を販売するための電子請求書の時間は、お金が集められたかどうかに関係なく、買い手に所有権または商品を使用する権利の移転の時間です。 2.サービス提供の電子請求の時間は、お金が回収されたかどうかに関係なく、サービス提供を完了する時間またはサービスに請求する時間です。 3.複数の配達または各アイテムまたはサービスステージの配達の場合、各配達または配達は、割り当てられた商品またはサービスの量と価値についてそれぞれ請求されなければなりません。

4.財務省は、付加価値税法および税務管理法の規定に基づいて、他のケースの請求書作成の時間および本条に規定する内容を詳細にガイドするものとします。

どの企業が電子請求書を適用する必要がありますか?

政令119/2018 / ND-CPは、次のように商品の販売およびサービスの提供時に電子請求書の適用を指定しています。

1.企業、経済団体、およびその他の組織は、商品の販売またはサービスの提供の価値に関係なく、商品の販売およびサービスの提供時に税コード付き電子請求書を使用します。

2.電気分野の企業。ガソリン;郵便および電気通信。航空、道路、鉄道、海上および水上輸送;きれいな水;クレジットファイナンス;保険;医療; eコマース事業;スーパーマーケット事業;貿易および企業、経済組織は、電子的手段、情報技術インフラストラクチャの構築、会計ソフトウェアのシステム、請求書発行ソフトウェアにより、税務当局との取引を行っている、または行う予定です。電子請求書の設定、検索、規制に従って電子請求書データを保存し、電子請求書データを購入者と税務当局に確実に送信するために、電子請求書を使用できます。商品を販売またはサービスを提供する際に、価格に関係なく、税務機関のコードなし(以下の項目3で指定された場合と、税コードを使用して電子請求書の使用を登録する場合を除く)商品を販売したりサービスを提供したりするたびに扱います。

3.企業、経済組織、および高リスク税のケースに該当するその他の組織は、商品の販売またはサービスの提供時に、その価値に関係なく、税務機関コード付きの電子請求書を使用するものとします。商品の販売とサービスの提供。

4.事業家と個人は会計帳簿を作成し、10人以上の労働者を定期的に使用し、農業、林業、漁業の分野で前年の30億ドン以上の売上高を有する。 、貿易およびサービスの分野で100億ドン以上の前年の産業、建設、または収益は、商品の販売またはサービスの提供時に税コード付きの電子請求書を使用する必要があります。 、商品またはサービスの各販売の価値に関係なく。必須ではないが会計帳簿を作成している企業の世帯および個人は、規定どおりに税務署のコードを記載した電子請求書を要求できます。

5.レストラン、ホテル、西洋薬の小売り、消費財の小売りの分野でビジネスをしている世帯および個人、有利な条件のある地域の消費者への直接サービスの提供。 2018年から税務当局との電子データ転送接続を使用して、キャッシュレジスタから生成された税コードを使用して電子請求書を試験的に実施します。試験実施結果に基づいて、全国。

6.条件を満たさない事業家または個人は、上記のセクション4の税務機関のコードを記載した電子請求書を使用する必要がありますが、顧客または企業または事業組織への配達には請求書が必要です。別の組織または組織が税務当局によって承認され、顧客に配送するための電子請求書を発行する場合、税務機関は、発生するたびに税務機関のコードを記載した電子請求書を発行し、税を申告し、支払う必要があります税務機関は、この法令とともに発行されたフォームNo. 06付録に従って、発生するたびに電子請求書を発行するものとします。 典型的な請求書の適用期限 2018年11月1日から2020年10月31日までの新しく設立された事業所の場合、税務当局が事業所に電子請求書の適用を通知する場合この政令では、事業所は税務当局のガイダンスに従うものとします。

2018年11月1日から2020年10月31日までの期間、政府の政令51/2010 / ND-CPおよび政令No. 04/2014 / ND-CPはまだ有効です。税務当局から印刷、自己印刷の請求書または購入した請求書の発行を発表した企業、経済団体、世帯および事業者は、2020年10月末までそれらを使用し続けるものとします。電子請求書の使用に切り替える場合は必須です。 税務当局、企業、経済団体、その他の組織、世帯、個人のコードを含む電子請求書を使用する前に、企業は未使用の紙の請求書をキャンセルする必要があります(第3条項14)。

電子請求書は、支払いに無効な「紙のバウチャー」に変換されます

電子請求書は「紙のバウチャー」に変換できますが、記録の保管と会計に関する法律、電子取引に関する法律に従って監視する場合にのみ有効であり、無効です。この政令に基づく税務当局との電子データ転送接続を備えたレジから請求書が生成される場合を除き、取引および支払いの場合。

電子請求書エラーの処理方法

税務当局のコードを使用してエラーを検出するために税務当局のコードをまだ送信していない電子請求書が作成された場合、売り手は直ちに税務署に通知して請求書をキャンセルし、代わりに新しい請求書を設定する必要があります。

電子請求書にエラーを発見するために新しい買い手に送られたコードがある場合、売り手と買い手は間違いを記載した書面による合意をしなければなりません。売り手は税務当局に請求書をキャンセルし、代わりに新しい請求書を発行するよう通知しなければなりません(第17条による)。

政令119/2018 / ND-CPは、2018年11月1日から施行されます。しかし、財務省がこの政令のいくつかの記事を詳細に案内する通達を発行するのを待たなければなりません。

Related Posts