Q&A

ベトナム進出に関する疑問にお答えします。

Q1 ベトナムでの会社の休眠制度について教えてください

  企業を休眠させることができるのをご存知の方も多いと思います。数点、注意が必要です。休眠申請をしたら、そのまま継続して休眠ができると思われる方もいますが、そうではありません。休眠は、1年間ごとに申請しなければなりません(連続最大2年まで)。休眠終了期日の15日前までに申請手続きをしなれば、自動的に再開とみなされ税務申告義務が発生します。また、上記の手続きを完了して、さらに休眠を継続したい場合は、再開を一時的に実行して、税務申告、監査報告義務を済ませてから、再度休眠手続きが前述の通り申請できます。休眠したら、自動継続でないことを事前にご理解ください。

【企業休眠手続きの流れ】

  1. 休眠期間決定
  2. 申請書作成
  3. ビジネス登録機関(business registration authority)へ休眠の申請(休眠の15日前)
  4. 税務局へ休眠許可の通知書等を提出
  5. 休眠手続き完了

【手続き前の期間】

 目安:1か月(申請書類作成も含む)以下のことに注意しましょう

【休眠までに行うこと】

  1. 四半期の税務申告は、支払わなくとも、休眠中は支払い義務が生じないため、一旦保留にはできますが、事業再開後に支払うことには変わりはありませんので、可能であれば支払いを済ませておくと良いでしょう。
  2. 事業税(ビジネスライセンス税ともいう)の支払いは、決算期途中に休眠を申請する際には1年分の事業税を支払う必要があります。そうでなければ休眠中の支払い義務はありません。
  3. 事業ライセンスの期間の確認をして下さい。期限切れの場合は、更新する必要があります。

【法人休眠中に行うこと】

  1. 法人税申告
  2. 会計税務監査

お問い合わせ・お見積り(日本語)

電話:0937.281.083

mail: info@goldenspan.vn